ということで、今回も恒例のケースつきです。
デザインもだんだん似たような形になってきた感もありますが。「ジャングル大帝」で見られたようなひとひねりは やはりデザイン的には大変なのでしょうか。