今回のケースも、基本的なところは前回2回と同じ形式を踏襲しています。