東京ガス(没バージョン) 川崎鶴見臨港バス 1999年4月

ということで、このカードには「没バージョン」が存在します。これ、よく見れば発行事業者名や発売額が入っていないし、残額目安表示もいい加減でエラー時にその場で原因を判断できないとゆー、非常に問題の多いカードです。
というのも、新潟のテレホンカード業者が表面を削いで別印刷を加えたという、正規の製作ルートを使わずに作られた代物で、バス共通カードの規格を全く考慮に入れていないのはその為なのです。その後、流通ルートから製作元を割り出し、回収したのですが、まだ若干出回っているそうです。